善福寺からのおしらせ

2018.05.22

現在、子安地蔵は京都府、舞鶴市、朝日新聞文化財団、舞鶴教育文化財団の助成を頂いて修復作業中です。

2017.06.01

子安地蔵さん、修理のため京都へ。安産祈願の再開は3年後になります。

2016.10.05

善福寺公式ホームページが開設されました。

お知らせ一覧を見る

寺庭ブログ

RSS Feed Widget

安産祈願をする

平安時代の古仏である善福寺の子安地蔵像。2016年3月に京都府指定文化財に認定されました。
古くから人々に安産の地蔵として信仰されてきました。像高133.3cmもある子安地蔵像が、 参拝者に安らぎを授けてくださいます。

善福寺のいわれ

1417年(応永24年)に南禅寺84世であられた雲林妙冲(うんりんみょうちゅう)禅師によって善福寺は開創されました。
17世紀末頃、現在地へと移転し、今に至ると伝えられております。

善福寺の仏さまたち

善福寺に祀られている仏さまたちをご紹介いたします。善福寺が開創された、室町時代よりも古い、平安時代に仏さまたちは造像されました。

このページの初めに戻る